2004年版 過去問

  1. 【問題1】A所有の土地につき,AとBとの間で売買契約を締結し,Bが当該土地につき第三者との間で売買契約を締結していない場合に関する次の記述のうち,民法の規定によれば,正しいものはどれか。
  2. 【問題2】B所有の土地をAがBの代理人として,Cとの間で売買契約を締結した場合に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。
  3. 【問題3】Aは,自己所有の建物をBに売却したが,Bはまだ所有権移転登記を行っていない。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち誤っているものはどれか。
  4. 【問題4】共に宅地建物取引業者であるAB間でA所有の土地について,平成16年9月 1日に売買代金3,000万円(うち,手付金200万円は同年9月1日に,残代金は同年10月31日に支払う。)とする売買契約を締結した場合に関する次 の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。
  5. 【問題5】A所有の土地の占有者がAからB,BからCと移った場合のCの取得時効に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。
  6. 【問題6】AとBが1,000万円の連帯債務をCに対して負っている(負担部分は1/2ずつ)場合と,Dが主債務者として,Eに1,000万円の債務を負い,FはDから委託を受けてその債務の連帯保証人となっている場合の次の記述のうち,民法の規定によれば,正しいものはどれか。
  7. 【問題7】次の記述のうち,民法の規定によれば,誤っているものはどれか。
  8. 【問題8】Aは,B所有の建物を賃借し,毎月末日までに翌月分の賃料50万円を支払う約定をした。またAは敷金300万円をBに預託し,敷金は賃貸借終了後明渡し完了後にBがAに支払うと約定された。AのBに対するこの賃料債務に関する相殺についての次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれ か。
  9. 【問題9】AはBに甲建物を売却し,AからBに対する所有権移転登記がなされた。AB間の売買契約の解除と第三者との関係に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。
  10. 【問題10】宅地建物取引業者ではないAB間の売買契約における売主Aの責任に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,誤っているものはどれか。
  11. 【問題11】AはBと,それぞれ1,000万円ずつ出資して,共同で事業を営むことを目的として民法上の組合契約を締結した。この場合,民法の規定によれば,正しいものはどれか。
  12. 【問題12】自己所有の建物に妻Bと同居していたAが,遺言を残さないまま死亡した。Aには先妻との間に子C及びDがいる。この場合に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。
  13. 【問題13】AはBに対し甲建物を月20万円で賃貸し,Bは,Aの承諾を得たうえで,甲建物の一部をCに対し月10万円で転貸している。この場合,民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば,誤っているものはどれか。
  14. 【問題14】貸主A及び借主B間の建物賃貸借契約に関する次の記述のうち,賃料増減請求権に関する借地借家法第32条の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。
  15. 【問題15】不動産の仮登記に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  16. 【問題16】国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という。)及び同法第27条の7の届出(以下この問において「事前届出」という。)に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  17. 【問題17】都市計画法に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  18. 【問題18】都市計画法の開発許可に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。なお,この問における都道府県知事とは,地方自治法に基づく指定都市,中核市,特例市にあってはその長をいうものとする。
  19. 【問題19】都市計画法の開発許可に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。なお,この問における都道府県知事とは,地方自治法に基づく指定都市,中核市,特例市にあってはその長をいうものとする。
  20. 【問題20】建築基準法に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  21. 【問題21】建築基準法に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  22. 【問題22】土地区画整理法に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  23. 【問題23】宅地造成等規制法に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。なお,この問における都道府県知事とは,地方自治法に基づく指定都市,中核市,特例市にあってはその長をいうものとする。
  24. 【問題24】農地法に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  25. 【問題25】次の記述のうち,正しいものはどれか。
  26. 【問題26】不動産取得税に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  27. 【問題27】住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特例(「65歳未満の親からの贈与についても相続時精算課税の選択を可能とする措置」及び「住宅取得 等資金の贈与に限り相続時精算課税の特別控除(2,500万円)に加え,1,000万円の住宅資金特別控除が認められる措置」)に関する次の記述のうち, 正しいものはどれか。
  28. 【問題28】印紙税に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  29. 【問題29】不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち,不動産鑑定評価基準によれば,正しいものはどれか。
  30. 【問題30】宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  31. 【問題31】宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  32. 【問題32】次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,誤っているものはどれか。
  33. 【問題33】宅地建物取引業者A社(甲県知事免許)の取引主任者は,専任の取引主任者であるBのみである。次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはどれか。
  34. 【問題34】宅地建物取引主任者資格登録(以下この問において「登録」という。)及び宅地建物取引主任者証(以下この問において「取引主任者証」という。)に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  35. 【問題35】宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が本店と2つの支店を有する場合,Aの営業保証金に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  36. 【問題36】宅地建物取引業者Aが行う広告に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,誤っているものはどれか。
  37. 【問題37】宅地建物取引業者が行う重要事項の説明に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  38. 【問題38】宅地建物取引業者が,宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項について説明をする場合に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  39. 【問題39】宅地建物取引業者Aが,B所有の宅地の売却の媒介依頼を受け,Bと専任媒介契約を締結した場合に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  40. 【問題40】宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)に関する次の規定のうち,宅地建物取引業者Aが自ら完成前の物件の売主となり,宅地建物取引業者Bに売却する場合に適用されるものはどれか。
  41. 【問題41】宅地建物取引業者A(消費税課税事業者)が売主B(消費税課税事業者)からB所有の土地付建物の媒介依頼を受け,買主Cとの間で売買契約を成立させた場 合,AがBから受領できる報酬の限度額(消費税額及び地方消費税額を含む。)は,次のうちどれか。なお,土地付建物の代金は5, 100万円(消費税額及び地方消費税額を合算した額100万円を含む。)とする。
  42. 【問題42】売主を宅地建物取引業者であるA,買主を宅地建物取引業者でないBとの宅地の売買契約において,宅地建物取引業法第37条の2の規定に基づく売買契約の解除に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  43. 【問題43】宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が甲県に建築した一棟 100戸建てのマンションを,宅地建物取引業者B(国土交通大臣免許)に販売代理を依頼し,Bが当該マンションの隣地(甲県内)に案内所を設置して契約を 締結する場合,宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば,次の記述のうち正しいものはどれか。
  44. 【問題44】宅地建物取引業者A社の行う業務について,宅地建物取引業法の規定によれば,誤っているものはどれか。
  45. 【問題45】宅地建物取引業者A社に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,誤っているものはどれか。
  46. 【問題46】住宅金融公庫に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  47. 【問題47】宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち,不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば,正しいものはどれか。
  48. 【問題48】宅地建物の統計に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  49. 【問題49】鉄筋コンクリート造の建築物に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  50. 【問題50】土地に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
2004年版 過去問の解答を見る