2003年版 過去問

  1. 【問題1】意思無能力者又は制限能力者に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。
  2. 【問題2】Aは,Bとの間で,B所有の不動産を購入する売買契約を締結した。ただし,AがA所有の不動産を平成 15年12月末日までに売却でき,その代金全額を受領することを停止条件とした。手付金の授受はなく,その他特段の合意もない。この場合,民法の規定によれば,次の記述のうち正しいものはどれか。
  3. 【問題3】Aは,自己所有の甲地をBに売却し引き渡したが,Bはまだ所有権移転登記を行っていない。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち誤っているものはどれか。
  4. 【問題4】A,B及びCが,建物を共有している場合(持分を各3分の1とする。)に関する次の記述のうち,民法の規定によれば,誤っているものはどれか。
  5. 【問題5】Aは,B所有の建物に抵当権を設定し,その旨の登記をした。Bは,その抵当権設定登記後に,この建物をCに賃貸した。Cは,この契約時に,賃料の6カ月分相当額の300万円の敷金を預託した。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち正しいものはどれか。
  6. 【問題6】普通抵当権と元本確定前の根抵当権に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。
  7. 【問題7】Aは,Aの所有する土地をBに売却し,Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した。この場合,民法の規定によれば,次の記述のうち誤っているものはどれか。
  8. 【問題8】Aは,Bに対して貸付金債権を有しており,Aはこの貸付金債権をCに対して譲渡した。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち誤っているものはどれか。
  9. 【問題9】同時履行の関係に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,誤っているものはどれか。
  10. 【問題10】Aが,Bから B所有の土地付中古建物を買い受けて引渡しを受けたが,建物の主要な構造部分に欠陥があった。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち正しいものはどれか。なお,瑕疵(かし)担保責任(以下この問において「担保責任」という。)については,特約はない。
  11. 【問題11】借主Aは,B所有の建物について貸主Bとの間で賃貸借契約を締結し,敷金として賃料2カ月分に相当する金額をBに対して支払ったが,当該敷金についてBによる賃料債権への充当はされていない。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち正しいものはどれか。
  12. 【問題12】Aが死亡し,それぞれ3分の1の相続分を持つAの子B,C及びD(他に相続人はいない。)が,全員,単純承認し,これを共同相続した。この場合に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。
  13. 【問題13】Aが,Bに,A所有の甲地を建物の所有を目的として賃貸し,Bがその土地上に乙建物を新築し,所有している場合に関する次の記述のうち,借地借家法の規定によれば,誤っているものはどれか。
  14. 【問題14】平成15年10月に新規に締結しようとしている,契約期間が2年で,更新がないこととする旨を定める建物賃貸借契約(以下この問において「定期借家契約」という。)に関する次の記述のうち,借地借家法の規定によれば,正しいものはどれか。
  15. 【問題15】不動産登記に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  16. 【問題16】国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  17. 【問題17】都市計画法に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  18. 【問題18】開発許可に関する次の記述のうち,都市計画法の規定によれば,誤っているものはどれか。
  19. 【問題19】開発許可に関する次の記述のうち,都市計画法の規定によれば,誤っているものはどれか。なお,この問における都道府県知事とは,地方自治法の指定都市等にあっては,それぞれの指定都市等の長をいうものとする。
  20. 【問題20】防火地域内において,地階を除く階数が5(高さ25m),延べ面積が800㎡で共同住宅の用途に供する鉄筋コンクリート造の建築物で,その外壁が耐火構造であるものを建築しようとする場合に関する次の記述のうち,建築基準法の規定によれば,正しいものはどれか。
  21. 【問題21】建築基準法に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  22. 【問題22】土地区画整理事業の換地処分に関する次の記述のうち,土地区画整理法の規定によれば,正しいものはどれか。
  23. 【問題23】農地法に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  24. 【問題24】宅地造成等規制法に規定する宅地造成工事規制区域(以下この問において「規制区域」という。)に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。なお,この問における都道府県知事とは,地方自治法の指定都市等にあっては,それぞれの指定都市等の長をいうものとする。
  25. 【問題25】次の記述のうち,正しいものはどれか。
  26. 【問題26】居住用財産を譲渡した場合における所得税の課税に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  27. 【問題27】住宅用家屋の所有権の移転の登記に係る登録免許税の税率の軽減措置の適用に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  28. 【問題28】固定資産税に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  29. 【問題29】地価公示法に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  30. 【問題30】宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  31. 【問題31】宅地建物取引業法に規定する免許の基準に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  32. 【問題32】甲県に本店,乙県にa支店を置き国士交通大臣の免許を受けている宅地建物取引業者A(個人)は,a支店の専任の取引主任者Bが不在になり,宅地建物取引業 法第15条の要件を欠くこととなった。この場合,Aの手続に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  33. 【問題33】甲県知事の宅地建物取引主任者登録(以下この問において「登録」という。)を受けている取引主任者Aに関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  34. 【問題34】宅地建物取引業者A(甲県知事免許)に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。なお,本店と支店とは,もよりの供託所を異にする。
  35. 【問題35】次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。
  36. 【問題36】宅地建物取引業者Aが,宅地建物取引業法第35条の規定に基づき重要事項の説明を行う場合に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  37. 【問題37】宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第35条に規定する重要事項の説明又は法第37条に規定する契約が成立したときに交付すべき書面に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  38. 【問題38】宅地建物取引業者Aが,自ら売主として,宅地建物取引業者でないBとの間で締結した売買契約に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。
  39. 【問題39】宅地建物取引業者Aが,自ら売主となり,宅地建物取引業者でない買主との間で締結した宅地の売買契約について,買主が宅地建物取引業法第37条の2の規定 に基づき売買契約の解除(以下この問において「クーリング・オフ」という。)をする場合に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  40. 【問題40】次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  41. 【問題41】宅地建物取引業者Aが,自ら売主となり,宅地建物取引業者でない買主Bとの間で,中古住宅及びその敷地である土地を,代金3,500万円,うち手付金 500万円で売買契約を締結しようとする場合に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法及び民法の規定によれば,正しいものはどれか。
  42. 【問題42】宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)に加入している宅地建物取引業者Aに関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  43. 【問題43】宅地建物取引業者Aが,B所有の宅地の売却の媒介の依頼を受け,Bと専任媒介契約(以下この問において「媒介契約」という。)を締結した場合に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。
  44. 【問題44】宅地建物取引業者Aが,単独で又は宅地建物取引業者Bと共同して店舗用建物の賃貸借契約の代理又は媒介業務を行う際の報酬に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。なお,消費税及び地方消費税に関しては考慮しないものとする。
  45. 【問題45】宅地建物取引業者Aの業務に関する次の記述のうち,宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に違反しないものはどれか。
  46. 【問題46】住宅金融公庫の業務に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  47. 【問題47】宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち,不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば,正しいものはどれか。
  48. 【問題48】宅地建物の統計等に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
  49. 【問題49】土地に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  50. 【問題50】建築物の材料に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
2003年版 過去問の解答を見る