1999年版 過去問

  1. 【問題1】次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
  2. 【問題2】土地の相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、民法の規定と異なる慣習については考慮しないものとする。
  3. 【問題3】相続に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
  4. 【問題4】Aは、Bからの借入金で建物を建築し、その借入金の担保として当該建物に第一順位の抵当権を設定し、その登記を行った。この登記の後、Aが、Cとの間で本件建物の賃貸借契約を締結した場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち、正しいものはどれか。
  5. 【問題5】Aが、Bに対して不動産を売却し、所有権移転登記及び引渡しをした場合のBの代金の弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
  6. 【問題6】AとBは、A所有の土地をBに売却する契約を締結し、その契約に「AがCからマンションを購入する契約を締結すること」を停止条件として付けた(仮登記の手続は行っていない。)場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
  7. 【問題7】Aが、A所有の1棟の賃貸マンションについてBに賃料の徴収と小修繕の契約の代理をさせていたところ、Bが、そのマンションの1戸をAに無断で、Aの代理人として賃借人Cに売却した。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。
  8. 【問題8】同時履行の抗弁権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
  9. 【問題9】Aの被用者Bが、Aの事業の執行につきCとの間の取引において不法行為をし、CからAに対し損害賠償の請求がされた場合のAの使用者責任に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
  10. 【問題10】AからBが建物を買い受ける契約を締結した場合(売主の担保責任についての特約はない。)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
  11. 【問題11】土地の合筆の登記に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。
  12. 【問題12】不動産登記の対象に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  13. 【問題13】Aは、建物所有の目的でBから1筆の土地を賃借し(借地権の登記はしていない。)、その土地の上にA単独所有の建物を建築していたが、Bは、その土地をC に売却し、所有権移転登記をした。この場合、借地借家法の規定及び判例によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。
  14. 【問題14】賃貸人Aと賃借人Bとの間の居住用建物の賃貸借契約に関する次の記述のうち、借地借家法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
  15. 【問題15】建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  16. 【問題16】国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  17. 【問題17】都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  18. 【問題18】都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ただし、地方自治法に基づく指定都市又は中核市の特例については考慮しないものとする。
  19. 【問題19】都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  20. 【問題20】建築基準法の確認に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  21. 【問題21】建築物の容積率(延べ面積の敷地面積に対する割合)に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。
  22. 【問題22】準防火地域内において、地階を除く階数が3(高さ12m)、延べ面積が1,200平方メートルで事務所の用途に供する建築物を建築しようとする場合に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。
  23. 【問題23】土地区画整理事業の事業計画に関する次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、誤っているものはどれか。
  24. 【問題24】農地法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  25. 【問題25】次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  26. 【問題26】住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除(以下この問において「住宅ローン控除」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  27. 【問題27】固定資産税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  28. 【問題28】印紙税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  29. 【問題29】不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち誤っているものはどれか。
  30. 【問題30】宅地建物取引業の免許(以下「免許」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  31. 【問題31】宅地建物取引主任者(以下「取引主任者」という。)Aが、甲県知事から宅地建物取引主任者証(以下「取引主任者証」という。)の交付を受けている場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  32. 【問題32】宅地建物取引業者A(甲県知事免許)に対する監督処分に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。
  33. 【問題33】宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でない買主Bと締結した宅地の売買契約(代金4,000万円、手付金400万円)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法及び民法の規定によれば、正しいものはどれか。
  34. 【問題34】宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBと土地付建物の売買契約を締結しようとする場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において「重要事項説明書」とは、同法第35条の規定に基づく重要事項を記載した書面をいうものとする。
  35. 【問題35】宅地建物取引業者が、その媒介により建物の貸借の契約を成立させた場合に、宅地建物取引業法第37条の規定に基づく契約内容を記載した書面に必ず記載しなければならない事項は、次のうちどれか。
  36. 【問題36】宅地建物取引業者A及びその従業者である取引主任者に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
  37. 【問題37】宅地建物取引業者Aが、Bから宅地の売却の依頼を受け、Bと専属専任媒介契約(以下この問において「媒介契約」という。)を締結した場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
  38. 【問題38】宅地建物取引業者A(甲県知事免許)の営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  39. 【問題39】宅地建物取引業者Aが、宅地の所有者Bからその宅地の売買の媒介を依頼され、媒介契約を締結した場合の指定流通機構への登録に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  40. 【問題40】宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、建物を販売する場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。
  41. 【問題41】1棟の建物に属する区分所有建物の貸借の媒介を行う場合の宅地建物取引業法第35条の規定に基づく重要事項の説明に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  42. 【問題42】宅地建物取引業者Aが、宅地の所有者Bの依頼を受けてBC間の宅地の売買の媒介を行おうとし、又は行った場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法第47条(業務に関する禁止事項)の規定に違反しないものはどれか。
  43. 【問題43】宅地建物取引業法に規定する標識に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  44. 【問題44】宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  45. 【問題45】宅地建物取引業者Aの取引主任者Bが、甲県知事の宅地建物取引主任者資格試験に合格し、同知事の宅地建物取引主任者資格登録(以下この問において「登録」という。)を受けている場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  46. 【問題46】宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  47. 【問題47】宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法の規定によれば、正しいものはどれか。
  48. 【問題48】住宅金融公庫の貸付金に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  49. 【問題49】土地の地形に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  50. 【問題50】建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
1999年版 過去問の解答を見る